借り換えローンの合否の目安になる5つの審査基準

>> 借り換えローン人気ランキング

 

借り換えローンの審査を受けようと思う前に知っておいて欲しいことがあります

 

それは「自分の今の状況にあったキャッシング業者選びをする」ということ。

 

例えば、パートやアルバイトさんで収入が低いにもかかわらず、審査が厳しいといわれる借り換え専用ローンのT社で借りる、なんてケースです。

 

これはハッキリいって審査に落ちる為に受けるようなものですので、絶対にやらないほうがいいです。

 

まあこの辺は業者によって審査基準が違いますので、詳しくは各金融業者のHPを見ていただくとして(このサイトでは先ほど書いたT社は紹介していません)、やはりパートやアルバイトさんなら、総量規制の問題もありますので一概にはいえませんが、銀行カードローンより消費者金融のほうが審査に合格する可能性は高いでしょうね。

 

ただ、銀行カードローンなら絶対ムリ!というわけでは決してありませんので、まずは各金融業者が申込者のどの辺を中心に審査をしているのかをここで解説したいと思います。

 

基本的に以下の5つのポイントを中心に各金融業者は申込者の属性を見ています。

1.職業

職業というのはキャッシングだけでなく、殆どの審査で重要視される項目ですよね。

 

ちなみにカードローンやクレジットカードなどの、いわゆる金融系における審査で一番重宝される職業は「公務員」と言われています。

 

まあこれはちょっと想像すればわかると思いますが、公務員は基本的に倒産や失業の心配がない職業ですし、何より安定感は抜群!ボーナスもしっかり貰えるので、金融業界からは優良顧客として認められているのです。

 

だからもしアナタが公務員だったとしたら、迷わず自分が借りたいと思うキャッシング業者で申し込めばいいでしょう。

 

借金を滞納しているなどの問題がない限り、まず審査に合格する可能性が高いです。

 

あとは、普通のサラリーマンやOLさんも業者側としてはまあまあ重宝されます。

 

逆に厳しいのが「自営業(フリーランス)」ですね。

 

これはひょっとしたら、派遣社員やパートさんよりも厳しい属性として扱われる可能性もあります。

 

この辺は申込むキャッシング業者次第なのでなんともいえませんが、自営業の方は銀行カードローンより消費者金融の方を検討した方が良さそうです。

 

あとはアルバイトや学生さんですが、毎月キチンと収入があればそれほど審査に恐れることはありません。

 

今までの借金をキチンと返済しているのなら大丈夫です。

2.年収

年収も当然、審査に影響する要素です。

 

当然、低いより高いほうが有利なのは言うまでもありませんが、ただ年収が高いからといって何社も借入していたり、1社から何百万も借りてたら、さすがに年収が高いというメリットはなくなりますよね。

 

また、パートやアルバイトさんなどは年収が低くなりがちですが、それに見合った借入金額や今までの返済履歴なども考慮されるので、年収が低いから借り換えローンが使えないというわけではありません。

 

年収は確かにある一定の審査基準にはなりますが、全体で見たらさほど大きなポイントではないと思います。

3.勤続年数

審査において、多くの金融業者が職業や年収よりも重要視しているといわれている要素の一つに「勤続年数」があります。

 

勤続年数は、いわば「歴史」ですので、昨日今日入った新人では絶対に作れません。

 

なので当然、その人の信頼度を図るのに重要な要素となりますので、勤続年数は非常に重要なポイントではないかと思います。

 

おそらく社会人一年生よりパートでも10年務めている方のほうが審査においてプラスに作用するんじゃないでしょうか。

 

だから公務員や大企業で勤続年数が多い方は、まず間違いなくキャッシング業者から歓迎される属性だといえるでしょう。

 

4.延滞情報

キャッシングに限らず、住宅ローンやマイカーローン、クレジットカードの新規申し込みなどで必ずチェックされるのが「延滞情報」などがひと目で分かる【信用情報機関】です。

 

信用情報機関はお金を借りる際、必ず確認されますので、申込項目に嘘などを書けばすぐにバレてしまいます。

 

中でも延滞情報は返済履歴からすぐに分かりますので、もし何回も返済期限から遅れて支払っている場合、正直審査に通るのは厳しいと思ったほうがいいです。

 

また、自分は延滞なんかしてない!毎月キチンと返済しているという方でも、クレジットカードの引き落としが、口座の残高不足で出来なかったり、携帯電話の割賦代金の返済が滞っていたりと、意外と自分では気づかないところで審査に引っかかる要素があるかもしれません。

 

いずれにせよ、業者側からすれば全て信用情報機関でわかることですので、申し込みの際、隠してもムダです(^_^;)

5.他社借入状況

他社からの借入は申し込みの際、正直に書くのが当然です。

 

先ほども書いたように、例え嘘を書いたとしても信用情報機関を見れば一発でわかりますので、ムダなあがきです(苦笑)

 

それどころか、虚偽の情報を書いたということで、業者側に悪い印象を与えてしまい、せっかく合格する属性だったとしても、残念ながら不合格・・・ということにもなりかねません。

 

なので、他社からの借入状況は正直に!

 

たとえ自分が「少し借金が多いかな・・」と思ったとしても、正直に書くのが良い結果を生む一番の方法です。

 

借入状況は確かに審査において重要な要素ではあると思いますが、そもそも借り換えローンとして利用しようと思って申し込んでいるので、それほど神経質になる必要はありません。

まとめ:5つの審査基準だけで合否が決まるわけではない

以上、5つの審査ポイントを解説しましたが、これだけが審査の合否を決める要素ではありません。

 

キャッシングの審査というのは、基本的に各金融業者の「独自の審査基準」というのが設けられていますので、コレがいい、コレはダメ、という簡単な問題ではないのです。

 

また人によって審査に通る業者が違ってきたりもします。

 

例えば

  • AさんはM社に受かったけどP社はダメだった
  • BさんはP社に受かったけどM社はダメだった

なんてケースもよくある話です。

 

なので、結論をいえば「審査に申し込んでみないとわからない」ということになります。

 

上記の5つのポイントを気にしつつ、自分に合った金融業者選びが重要なポイントになるのは言うまでもありません。

 

>> 今が狙い目!の借り換えローンを見てみる