カードローンの簡易審査は意外と当たります

カードローンの簡易審査は、個人情報を入力せずに審査できる方法ですが、かなり当たるというのが実際体験した側の本音です。

 

基本的な入力項目は年収、他社からの借入額と件数だけなので、時間にして1~2分といったところですね。

 

結果はその場でわかり、融資可能・不可能などと表示されます。

 

通常の審査だと丸1日かかるケースが多いので、1~2分でわかる結果には不安がありましたが、融資可能と表示された業者は、今まで100%借りることができました。

 

逆に融資不可能と表示された場合は、申し込みをしてもすぐに断られたのです。

 

私は以前、自分が実際に借りるまでは、カードローンを利用するためには色々な属性をチェックされると思っていましたが、本当に大切な項目は少ないようです。

 

実際には年収・他社からの借入れの情報だけで、融資可能・不可能の9割以上が決まってしまうのかなぁというのが感想です。

 

ちなみに簡易審査は今、大手を中心とした消費者金融や銀行カードローンのホームページにあります。

 

簡易診断、お借入れ診断などと各社によって名前は違いますが、内容には違いがありません。

 

いずれも年収・他社からの借入れの項目があるので、これらに問題がなければ利用できるのでしょう。
ちなみに、私の職業は会社員、年収は310万円で、実際に借りられた金額は1社目が50万円でした。

 

2社目は40万円、3社目は10万円となり、合計で100万円です。

 

できれば1社目で100万円を借りたかったのですが、初回融資ということもあり少ない金額からスタートしたようです。

 

総量規制では100万円まで借りることが可能ですが、はじめての方は総量規制の半分くらいまでの金額になると考えておくといいと思います。

 

>> 今が狙い目!の借り換えローンを見てみる

カードローンなんて経験すれば大したことなかった(体験談その2)

あの日はいつもの様に、インターネットで何の気もなく調べていたサイトで、カードローンの案内の広告が載っていました。

 

確かに、急に困ったときに気軽にお金を借りられるようにしておくと便利かな思ったので(実際、よく財布にお金が入ってない時があります 汗)、保険のつもりで契約してみることにしました。

 

私は、当時フリーターだったので、正直お金を借りることなどできないと思っていたので、半分冷やかしのような感じで申し込んだのです!

 

しかし一応、定期的な収入もあるので、無理のない範囲でカードローン枠を作れたらいいな、そんな思いもあり相談してみました。

 

インターネット上で簡単に審査をすることもできるのですが、窓口が近くにあるというので、出向いてみました。

 

きっとそこには、人がいて色々な質問されるのだろうと思っていたのですが、実際に行ってみると、ATMのような機械が一台あるのみでした。

 

そこで、遠隔操作なのでしょうか、オペレーターからの支持があるので、それに従って免許証などを提示したら、数時間のうちに審査が完了してお金を借りる準備が整いました。

 

正直、こんな簡単にお金を借りることができるなんて拍子抜けです(苦笑)

 

借りたい金額が50万以内だったとはいえ、こんなに簡単に審査が終わるなんて、、、驚きです。

 

実際には思ったより金利も安く、コンビニエンスストアでも返せるということだったので、給料日前に何度か借りたこともあります。

 

しかし、今まで払った金利は、全部合計しても2000円もいかないです。

 

実際にこうしてカードローンがこんなに気軽に利用できる利便性があるということが知れたのも、思い切って申し込んだおかげでしょう。まあ半分冷やかしでしたが(^^;

 

カードローン経験者としては、必要以上に恐れずに、収入に応じた借入なら気軽な気持ちで申し込んで見てもいいんじゃないかと思っています。

 

ランキングへ