借り換えローンとしての消費者金融と銀行カードローンの違い

実際に借り換えローンとして利用する場合、消費者金融と銀行カードローン、どっちがいいのでしょうか?

 

どちらも無担保、無保証で利用することができるなどサービス内容はほぼ一緒ですが、まず消費者金融は、審査から実際に融資を受けるまでのスピードが非常に早いという特徴があります。

 

また、基本的に消費者金融は「貸金業法」という法律が適用されるので、自分の年収の3分の1を超えて借り入れはできないという規定が当てはまり、自分の年収が高くないと多額の借り入れは難しいです。

 

一方「銀行法」が適用され、総量規制の対象外である銀行カードローンですが、やはり消費者金融より審査がすんなりと通るわけではありませんので、融資までの時間もかかります(例外もアリ)。

 

また、審査に必要な手続き等も消費者金融より面倒になりがちです。

 

しかし銀行カードローンの大きなメリットの一つに、金利が非常に安いというのがあります。

 

基本的には消費者金融より低金利で借りれるので、審査に受かればやはり銀行カードローンの方が有利ですね。

 

このように、消費者金融のローンと銀行カードローンには、それぞれメリットとデメリットがあります。

 

現在、高金利で消費者金融などから借り入れをしている方は、一度、シミュレーションでもいいので借り換えローンを検討してみてください。

 

現在のローンより低金利のカードローンに借り換えできた場合、月々の支払いが安くなるので、かなり精神的に負担が軽減されます。

 

さらに、利息の負担が減ることでより毎月の返済がラクになり、元金もより早く減らすことができますので、借金完済のスピードがかなり早くなります。

 

メリットが大きい借り換えローンですが、スピード重視や借入金額が年収の3分の1以下なら消費者金融、それ以上なら銀行カードローンを狙っていくのがいいでしょう。

 

>> 今が狙い目!の借り換えローンを見てみる