借り換えローンの審査に受かりたい!

どうしても今ある借金を、借り換えローンで一本化したいと思ってます。

 

現在数社からお金を借りていますけど、返済しても実際いくら元本を返してるかまったくわかりません(汗)

 

お金に困ったkeiko

だからこの際、借金を一本化して返済を明確にしようと思い、できるだけ1回で通りそうな、借り換えローンの審査に申し込もうと思いました。

 

けど・・・現実問題として審査に受かる自信はあまりありませんでした。。

 

やっぱり複数の業者から借り入れしてるのもあって審査には不安だったんです。

 

だからどうしても借り換えローンの審査に合格できる業者を探さなければならなかったんです。

 

そこでいろいろ調べた結果、自分で納得できる業者で借金の一本化をすることができました。

 

借り換えローンの融資に積極的なキャッシング業者の特徴として

 

  1. 借り換えローン専用の金融商品がある
  2. 金融会社独自の審査基準がある
  3. 総量規制対象外の銀行カードローン

 

これらの条件に一つでも当てはまるような業者を探してみました。

 

どうしても借金を一本化したいと思われている方は参考にしてみるとよいと思います。

 

わたしもそうだったのですが、複数の金融業者から借り入れているときは、返済利息の計算などが面倒で、ついダラダラと減りもしない借金を返していました(汗)

 

でも借り換えローンで借金の一本化をしてからは、返済利息も含めて全てがクリアに見えてきました。

 

「これで借金を全額返済できる!」そういった「光」みたいなのが見えたんです!

 

しかしわたしもまだまだ完済までの道のりは遠いです。でも確実に借金は減ってきています。

 

この「借金が減っていく実感」を感じれるのが借り換えローンだと思います。数字で見えるとやっぱり頑張ろうと思いますよね(^^

 

もし今、以前の私のように多重債務で悩んでいらっしゃるなら、借り換えローンの融資に積極的な業者で借金の一本化を検討してみてください。

 

きっと「未来が見えてくる」と思います。

 

>>借り換えローンならココ

ローンを借り換えるには様々な方法があるけどやっぱり一番は・・・

今あるローンの借り換えをしたいと思った場合、大きく分けて3つの方法があります。

 

  1. アコムやモビットなどの消費者金融
  2. ろうきん等、金利の低い公的機関
  3. 銀行が運営するカードローン

 

この内、ろうきんや銀行カードローンは総量規制の対象外」ですので、借り換えローンに最適といえます。

 

しかし、銀行カードローンはまだしも、労金などの公的機関からの融資はかなり審査基準が厳しいと考えておいた方がよさそうです。

 

特にろうきんは組合に入っていない人の審査基準はかなり厳しいので有名ですし、もし運よく融資が決まったとしても、通常設定されるべき金利よりも高い金利でしか借入できないといったことも起きています。

 

そうなると、「一般的な方が借り換えローンとして利用できる金融機関は「消費者金融」か「銀行カードローン」のどちらかになります。

 

ではどちらを借り換えローンとして利用すればいいのか。

 

これは先ほども紹介した「総量規制」が一つの大きな判断ポイントになります。

 

要は今、自分の借金の総額が年収の3分の1以上既に借入してる場合は、必然的に総量規制対象外の銀行カードローンしか借り換えすることはできません。

 

逆に、年収の3分の1以下なら、消費者金融の方が審査スピードや融資決定までの時間が早いのでおすすめです。

 

ただ、消費者金融の方が借りやすい分、銀行カードローンより金利は少し高めになる可能性が高いのも頭の隅に入れおいてください。

 

あとその他、総量規制以外でどちらの金融機関に借り換えローンの審査を申し込めばいいのか判断するポイントをザッと挙げてみると・・・

 

■1か月以内に返済できるアテがある
(⇒無利息期間がある消費者金融)

 

■メインで使っている銀行がみずほor三井住友or三菱東京UFJ銀行にある
(⇒どの銀行もカードローン商品がある)

 

■自宅に郵送や勤務先に電話連絡がない方がいい
(⇒モビットなら煩わしい郵便物や電話連絡なし!プロミスも自宅に郵送が届かないWeb完結申込があります)

 

■フリーターや派遣社員など収入に不安な職業である
(⇒貸付実績の高い消費者金融が狙い目)

 

■自分はサラリーマンだし収入もそこそこあるので、できるだけ今より金利を下げたい
(⇒消費者金融より金利が低い銀行カードローン)

 

これ以外にも様々な条件が考えられると思いますが、基本的に正社員で収入も普通にあり、過去に金融事故を起こしたことがない方なら、消費者金融より金利の低い銀行カードローンが十分狙えます。

 

rankingへ

借金のすべてを借り換えする必要はない

いくつかの業者から借金をしてるけど、毎月の返済がキツいから借り換えして少しでも月々の負担を軽くしたい・・・

 

そう思って借り換えローンの審査に申し込もうと思ってる方も多いと思いますが、keikoの個人的な意見としては、必ず今ある借金全てを借り換えする必要はないんじゃないかと思います。

 

例えば年収が300万円の方で

  • A社・・・70万円
  • B社・・・40万円
  • C社・・・20万円

の借金があったとします。

 

そうなると既に総額130万円の借金があるので、総量規制をオーバーしており、新たにD社という消費者金融に借入することはもちろん、借金すべてをD社に借り換えすることもできません(涙)

 

じゃあ借り換えローンは利用できないのか!?という疑問が沸いてくると思いますが、そんなことはありません。

 

もちろん、銀行カードローンなら総量規制の対象外ですので借入することは可能です。

 

ただ、既に総量規制をオーバーしている今の借金の現状を銀行側がどう判断するか。当然職業や収入等も大きく関係してきますが、一般的に考えれば審査に落ちる可能性も大いにあります。

 

じゃあどうするのか。

 

これは実際、keikoの借金仲間(爆)が使った方法なんですが、現状の借金すべてを借り換えするのではなく、例えば先の程の例をとっていえば【A社の70万円+C社の20万=90万円】を借り換えローンとして新たに消費者金融から借入するという方法もあります。

 

これなら総量規制の範囲内ですし、気になる利息も、今の2社の借金を別々に返済している状態より負担が軽減される可能性が高いです。

 

そうすれば結局借金の総額も抑えることができるので、この方法は結構狙い目です。

 

ポイントとしては・・・

  1. 銀行カードローンより審査に受かる可能性の高い消費者金融を選ぶ
  2. 実際に借り換えのシュミレーションをしてみて、毎月の返済が減るか確かめてから審査に申し込む
  3. できるだけ金利の高い業者から完済して借り換えしていく

この3つを抑えておけば、審査に自信のないアルバイトやパートさんの方でも借り換えローンをうまく利用することができると思います。

 

ランキングへ